FAQ よくいただくご質問

ヘナケアについてのご質問

Q. 1度のヘナケアで使用するヘナの量は、どれくらいですか?

A. 髪の量により個人差はありますが、平均して、ショートカットやボブの方で0.5パック~1パック(少し余るかと思います)、セミロングで1パック、ロングヘアで1.5パック程度です。
Q. 余ったヘナはどうすれば良いですか?

A. AAAランクヘナはとても新鮮なヘナなので、開封後は早めに使い切ることをおすすめします。
袋にジップがついておりますので、密封をして保管してください。
中途半端に余ったものは、お風呂にいれて入浴剤としてご利用いただけます(ヘナオレンジに限る)。足浴もおすすめです。
Q. ヘナを塗る際、手袋をつけなければいけませんか?ヘナがついた場合取れますか?

A. ヘナは頭皮同様、肌に塗っても身体に良いのですが、手のひらが濃いオレンジに染まってしまいます。
2度染め用のブラウンやブラックなどは、手が真っ黒に染まることはありませんが、爪の中に入り、黒く汚れてしまう為手袋をしてください。
塗っている最中にお顔についても、拭き取れば何も問題ありません。
特に手のひらは、身体のパーツの中で染まりやすい箇所なので、手袋をしましょう。
Q. 主人の髪のケアにも使おうと思います。簡単にケアできますか?

A. 男性は髪が短い方が多いので、ケアは簡単です。
短髪の方は髪をかき分けなくても地肌が見えるので、頭全体にヘナをたっぷりと塗布し、シャンプーをするように揉み込むだけで良いです。
Q. 薄毛に悩んでいます。ヘナケアをどのくらいのペースですると良いですか?

A. これからAAAランクヘナケアで頭皮改善を始める方は、最初の4~5回は、1週間に一度のペースでのヘナケアをおすすめします。
4~5回ヘナで集中的にケアをすることにより、毛穴の状態も髪質も随分と良くなります。
その後のヘナケアは月に1~2回のペースにしていただいて構いません。
4~5回ケアをすれば、ご自身でも状態の変化を感じていただけると思います。
Q. 生理中や妊娠中もヘナをすることは出来ますか?

A. はい、ご利用いただけます。
しかし、ヘナと表示してあるものの中にも化学染料などが混ざったものも出回っていますので、品質には気を付けてください。
美容室のヘナを使用する場合も、成分や品質を美容師さんに確認をしてください。
Q. 他メーカーのヘナですが、ヘナペーストを前日に練って作っておくと聞きました。ヘナケア当日にペーストを作っても染まりますか?

A. Qush:miヘナは、ヘナケア当日、ケア直前にペーストにしていただいて使用します。
品質の良くないヘナは、染まりが悪いため、前日にペーストを作り、酸化させるそうです。
コーヒーなどの混ぜ物をしなければ染まらないヘナも沢山あります。新鮮なものを新鮮なうちに使用することが大切です。
Q. 主人の薄毛を改善したいのですが、男性でも使えますか?効果を上げるおすすめの方法を教えてください。

A. もちろん男性にもご利用いただけます。
薄毛でお悩みでしたら、出来る限りヘナオレンジでケアをしていただけると効果的ですが、ヘナをせずに美発育ケアを行うことも可能です。
まずはコンディショナーオイルで頭皮を清潔にし、血行を良くするためにもマッサージをします。
その後、Qush:miセラミドヘナシャンプーで優しく洗髪します。洗髪後、タオルドライし、ヘナマグマエッセンスを頭皮にスプレーします。
翌朝も同様に頭皮に塗布してください。以上3点がセットになったのが「美発育ヘアケアセット」です。
正しくケアをすれば、十分な効果が期待できます。
Q. ヘナショックはありますか?

A. 髪の傷んだ方に起きやすいヘナショック(髪のきしみ)を防ぐため、全種ヘナに植物パウダーが同封されています。
ヘナと一緒にお湯で溶いてご利用ください。
数回ケアを続けると、髪が丈夫になり、きしみがなくなる方が殆どです。
Q. 顔周りに白髪が多く目立ちます。どのようにすればきれいに染まりますか?

A. 顔周りやもみあげ部分は比較的短い毛が多く、白髪がピンと出やすいです。
まずひとつは、ヘナをたっぷり厚塗りすること。もうひとつは生え際(少し顔にかかるくらい)から塗り始めることです。
遠慮気味に薄く塗ると、白髪の染まりが良くない場合もあります。
ヘナが付いたおでこもオレンジに染まりますが、ヘナ後のシャンプーである程度取れます。
翌日には気にならない程度なのでご安心ください。
Q. ヘナケア前にオイルクレンジングをすると良いそうですが、ヘナの染まりが悪くなったりはしませんか?

A. ヘナオレンジは親油性なので、オイルクレンジングをして染まりが悪くなるようなことはありません。
Q. ヘナケア時、床や衣類についたヘナは取れますか?

A. すぐに水で洗い流すと、殆どの場合取れるのですが、時間が経つと定着し取れない場合があります。
ヘナケア時には、汚れても良い服を着たり、タオルを首元・肩に巻いてケアするなどの工夫をしてください。
また、ケア後数日間は、洗髪後に髪から色が出る為、タオルに付着します。色が落ちなくなるまでは、汚れても良いタオルをご利用ください。
Q. ヘナをする前は髪を洗ったほうが良いですか?また、髪は塗れていてもケアできますか?

A. ヘナオレンジをする前、髪を洗い流す必要はありません。ヘナオイルでクレンジングをすることで、整髪料の汚れも落ちます。
ただし、ヘアスプレーなどでガチガチに固めている場合などは、一度洗い流してからのケアが良いでしょう。
髪が濡れていても通常通りヘナケアはできます。
Q. ヘナショックとは何ですか?

A. 初めてヘナをする方、中でもパーマやヘアダイで髪が傷んでいる方に起きやすい、ヘナケアによる髪のきしみをヘナショックと言います。
ヘナケアを数回続けると、髪の状態が良くなり、ヘナショックも起きにくくなります。
髪が傷んでいる場合は特に、ヘナケアの前にヘナオイルの使用をおすすめします。仕上がりをより滑らかに、ツヤのある髪に仕上げます。
また、クシュミヘナに同封されている植物パウダーはヘナショックを防ぐものです。ヘナペーストを作る際、一緒に混ぜて使用してください。
Q. ヘナを塗布してから20分以上放置しても良いですか?

A. ヘナオレンジは、時間を長く置いても構いません。
通常20分~30分で白髪は染まり、髪も綺麗になりますが、トリートメントとしてあえて長い時間放置しても問題はありません。
ただし、ヘナオレンジ以外のヘナ(ブラウンなど)は、放置する時間の長さにより、仕上がりのトーンが変わりますのでご注意ください。
Q. ヘナケアはどのくらいのペースですると良いですか?

A. ヘナケアは月に何度ケアをしていただいても良いです。害はなく、ケアをするほど髪も頭皮も状態が良くなります。
白髪が気になる時にケアをするのも良いですし、月に1~2回頭皮ケアとして使用するのもおすすめです。
Q. 普段美容室で髪を染めています。ヘアダイとヘナの併用はできますか?

A. 何で髪を染めていても、ヘナを使用することはできます。
ヘナは黒髪を明るくするような脱色効果はないので、髪を明るく色を抜きたい方には向きません。
そのため、髪を明るくするために美容室で染め、髪の修復としてヘナを使用なさっている方もいらっしゃいます。
ヘナをする方はヘナしか使えない、ということはありません。
Q. ヘナをしてもパーマはかかりますか?

A. ヘナケアをしたらパーマがかからないというわけではありません。
しかし、ヘナケアを続けると、髪質が変わってくるのは事実です。
もともとパーマがかかりやすかった方が少しかかりにくくなったり、逆にこれまでパーマがかかりにくかった方がかかりやすくなったりもします。
Q. ヘナを続けています。くせ毛が少し直ってきたのですが、そのような効果があるのですか?

A. ヘナが髪にコーティングされることにより、徐々に強く丈夫になっていきます。
何度もケアを続けていくと、うねった髪にもハリが出てくせ毛が少しおさまる場合もよくあります。
ストレートパーマをあてたように真っすぐにはならなくとも、髪が扱いやすくなったと感じるレベルまでには改善できます。

ヘナケア2度染め(白髪染め)についてのご質問

Q. 白髪が多いので2度染めをします。ブラウン系のヘナがきれいにはいるコツを教えてください。

A. 2度染めを上手く仕上げるコツは、1度目に塗るオレンジをしっかり白髪にいれることです。
白髪全体が鮮やかなオレンジに染まっているか確認をしてください。
ベースのオレンジがはいることで、2度染めに使用するカラーが美しく発色し、色持ちも良くなります。
Q. ヘナオレンジとブラウンのパウダーをあらかじめ混ぜて、1度染めにできますか?

A. 可能ですが、その方法で染めると、発色や色持ちがあまり良くない為、当店ではおすすめはしておりません。
1度で染めたいという方には一度お試しいただいておりますが、やはり皆さま2度染めに戻ってケアなさっているようです。
2度染めは少し手間がかかるかもしれませんが、その分良い状態を長く保つことができ、何より髪がとてもキレイになります。
Q. ヘナで白髪染めをする場合、何色に染めることができますか?

A. まず、ヘナオレンジでケアをすると、白髪部分のみがオレンジ色に染まります。
オレンジが気になる方は、2度染めでカラーをいれることができます。
カラーは、ライトブラウン、ブラウン、ダークブラウン、ソフトブラックです。いずれも自然な色で、オレンジの赤みを消します。